Kindle Oasisに最適なケースを発見

どうも。新しくゲーム機やタブレットなどを買う時には必ず、ケース(カバー)と保護フィルムをセットで買う派の、なりタイです。

前回の記事では「Kindle Oasis」を買うまでの経緯をお伝えしました。

買ったはいいものの、思いがけないハードルが現れました。

ちょうどいい感じのケースがネットで探しても、全然見つからなかったんですよね。

Oasisって、Paperwhiteに比べると、よほどユーザーが少ないんでしょう。
ケースの種類の少なさでそれに気づくのもどうかと思いますが笑

今回はなりタイが実店舗を探し回ってようやく見つけた、Oasisの持ち運びに便利な珠玉の100均ケースを紹介します。

ケースにはお金をかけたくないという方必見です

この記事はこんな人にオススメ!

✔ 「Kindle Oasis」のケースを低予算で探している人

目次

Kindleは裸がベスト

いきなりタイトルと矛盾してますが、Kindleはカバーを付けずに読むのが圧倒的にオススメです。

なぜなら、カバーを付けることで、軽さというKindle最大の長所を消してしまうからです。

やはり、片手で手軽に読めるというのが、Kindleの良さなんですよね。iPadでは不可能です。

それに、Kindleは意外と丈夫に作られているんですよ。
Oasisを買うまで、無印Kindleを10年カバーなしで愛用してましたが、目立った汚れや傷はいまだについていません。

10年以上愛用した無印Kindle

持ち運び時にはケースが必須

それでもKindleにケースは必須と断言します。
読むときには不要でも、持ち運びのときにまで裸だと、カバンの中などで液晶が傷つく恐れがあるからですね。

ちなみに、無印Kindleを使っていた時はこちらのカバーを愛用してました。

となると、Kindleのケースは持ち運びのときに液晶が傷つかないよう、ある程度のクッション性がある入れ物があれば十分という結論に至ります。

サイズがぴったりフィットする必要はなく、デザイン性はよほど悪くなければよしとします。

この基準をもって、Oasisをポチる前にネットを探して回りましたが、どれも1000円をゆうに超える高級品ばかり

ここにお金をかけるくらいなら、2000円を出して8GBでなく、32GBに容量を増やしたいという気持ちが芽生えます。

その後も「Oasis ケース」などとググりましたが、そもそもOasisのカバーを紹介するサイト自体ほぼ見つかりませんでした

ダイソーでついに発見!

Amazonセールの終わりが近づいてきていたので、仕方なくOasisだけをポチり商品が届くまでに、街に出てケースを探すことにしました。

家の近くにある小さめのダイソーでは見つからず、大きめのダイソーに転戦。
ケース類のコーナーになく諦めかけてたところ、スマホアクセサリーコーナーでついに見つけました。

マイクロファイバーで拭ける!iPad miniケース

このケースはiPadmini用なので、Oasisを入れると縦には少し余裕ができてしまうのですが、横はぴったり。
内側はマイクロファイバー仕様で液晶が拭けるというおまけつき。

これが100円ですからもう大満足です。
さすが、我らのダイソーさんですね。

液晶フィルムは忘れずに

あと、液晶フィルムは必ず貼りましょう

なりタイはAmazonで、評価が高くセールで1000円を切っていたこちらのフィルムをOasisと同時にポチりました。質感もサイズ感もいい感じでオススメです。

結論

Kindleは読むときは裸、持ち運び時は簡易ケースがベスト。
Oasisのケースにはダイソーの「iPad miniケース」がオススメ。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる