【レビュー】KindleのPaperwhiteを買うつもりが、急遽Oasisに変わった理由とは?

楽天KoboよりKindle派の、なりタイです。
6月のAmazonプライムデーで「Kindle Oasis」を購入し、10年以上使っていた無印「Kindle」を卒業しました。

この記事では、Kindleシリーズの中でもずば抜けて高額なOasis(8GBでも広告なしモデルで定価31980円)を買うに至った経緯と使用感などを紹介します。

この記事はこんな人にオススメ!

✔ 3種類あるKindleでどれを買えばいいか悩んでいる人
✔ 3万円以上するKindle Oasisにそれだけの価値があるのか知りたい人

目次

無印キンドルを10年以上使用

10年以上愛用した無印Kindle

元々は漫画も本も紙で読むのが好きだったのですが、10年ちょっと前にAmazonの無印Kindleがセールで安くなっていたので購入。

それからちょくちょく電子書籍でも読んでいたのですが、メインは変わらず紙だったので、あくまでサブ機の位置づけでした

それから徐々に電子書籍で読む割合が増えていき、3、4年ほど前からはほぼ全ての書籍をKindleで読むようになりました。


Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhiteの購入を検討

古いKindleでも読書にはなんの支障もなかったのですが、使う頻度が当初に比べかなり増えたので、上位機種の「Kindle Paperwhite」の購入を考えるようになりました

それまで使っていた無印と比べると、バックライトがついていたり、そもそも最新機種であったりと、かなりのグレードアップが期待できることは目に見えてました。

しかもこれがセールだと1万以内で買えることもわかり、6月21、22両日に開かれるプライムデーに狙いを定めました


Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダー

容量と広告ありなしで1週間悩む

狙いを定めてからは、容量と広告のありなしで1週間ほど悩みました。あほですね。
それぞれ2000円の差しかないにも関わらずです。

容量はこれまで8GBで問題ありませんでしたが、今後漫画を買う量が増えたら、32GBにしなかったことを後悔しそうです。
結局、漫画は読み終わったら端末からは消せばいいと考え、8GBにすることに
また読みたくなれば再度ダウンロードすればいいだけですからね。

広告の「ありなし」は容量以上に考えさせられました。
無印を使っていた時は広告ありでしたが、読んでいる最中には一切出てこないので、特に不満を感じたことはなかったからです。

ただ、Kindleを使う頻度が上がっていて、せっかく上位機種にするならと、こちらは奮発し、広告なしを選択

8GB広告なしモデルに決まりです。

プライムデー開始後にOasisに方針転換

プライムデーが幕を開けた21日午前0時。
真っ先にKindleの商品ページに飛ぶと、なんと「Kindle Paperwhite」(8GB広告なし)が8980円と想像以上の値下げ価格に。

これはもう買うしかないと、すぐにカートに入れようとしたのですが、ふと思いとどまる情報が目に飛び込んできました。

「Kindle Oasis」が7000円引きになっている…

Oasisは最上位機種で値段も「Kindle Paperwhite」の倍以上と、正直、検討の俎上に上がったことすらありませんでした。
もう少しお金を出したら「iPad」も買えてしまいますよね。

ただ、Oasisだけが持つ最大の武器があります。
それが、ページ送りボタンの存在です。

これまで使っていた無印で唯一、操作性で不満だったのがページ送りの面倒さです。
やっぱり画面タッチだけだとタッチミスが起きるんですよね。

あと、ページをめくっているうちに、気づいたら両手で操作していることがよくありました。

Oasisだとこの悩みが完全に解決できると考えました。
片手で持ちやすいような設計にもなっているんですよね。

結局、2日目のプライムデーが終了する直前まで悩みに悩み抜いた末、そこには「Kindle Oasis」(8GB広告なし)をポチっている私がいました。
Kindleアンリミテッドが無料で3ヶ月ついてくるのもありがたかったです。


Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

Oasisの使い心地

とにかく軽く持ちやすいので、長時間読んでても全く疲れません
ページ送りボタンのおかげで片手で扱えるのも素晴らしいです。
ほんとに高いお金を出して買ってよかったです。

画面が1インチ他の機種より大きい分、本が読みやすいのはもちろん、漫画がこれまた読みやすい

無印Kindleで読んでた時は、画面が小さすぎて読めないところがあったんですよね。これは機種が古すぎたからかもしれませんが。

たかが1インチ、されど1インチです。

これから長く付き合う相棒になりそうです。

結論

「Kindle Oasis」は高額だが、本や漫画をたくさん読む人にとって、買う価値は十分にあり
まずは家電量販店などで試しに手に取ってみることをオススメします。


Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる