【レビュー】Kindleにハンドストラップをつけたら、ソファでゴロゴロしながらでも読書が楽しめるようになった!

早速ですが、Kindleユーザーのみなさん。こんな経験はありませんか?

✅ Kindleで本を読んでいたら、いつのまにか眠りに落ち、端末を床に落とした音であわてて目を覚ます
✅ ソファの上でゴロゴロ転がりながらKindleで読書をしていると、端末が手からすべり落ちてあやうく脳天に直撃しそうになる

僕は読書の大半をKindleに頼っているので、何度もこのような失敗を繰り返し、悩んでたんですよね。

そんなときに出会ったのが、今回紹介する「安全ハンドストラップ」でした。

KindleOasisに取り付けたハンドストラップ

使ってみると、どんな場所で読んでいても、端末を落として傷つける心配がなくなったので、同じような悩みを持たれている方々には強くオススメします。

画像は「Oasis」ですが、このストラップは6インチ対応モデルなので、「Paperwhite」などの端末でも使えます

素晴らしい商品なのは間違いないですが、使っているうちに小さなデメリットもいくつか見つけたので、それも含めて紹介していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

✅ 寝落ちしてしまい、Kindle端末を床に落としてしまったことがある
✅ ソファやベッドでゴロゴロしながらKindleでの読書を楽しみたい

✅ Kindle端末をずっとつかんで持っていると、腕が疲れてくる

目次

基本情報

安全ハンドストラップというひねりのない商品名で、少し損をしている気がするのですが、実力は本物です。

優れた点を紹介していく前に、基本スペックだけ書いておきます。

TFYというメーカーの製品で、サイズは22×6×2 cmで、重さは22グラム
持ち手の部分がレザー仕様になっていて、かっこいいですよね。

初めて聞く名前のメーカーだったので、ググってみたところ、どうやら埼玉県深谷市のねぎの専門商社のようです。事業を手広く展開されてるんですね。

…。とまあ、そんなことはありません。

AmazonでTFYと検索すると、いろんなデバイスに対応したハンドストラップの数々で検索結果が埋め尽くされました。

どうやら、ハンドストラップに特化したメーカーのようで、どの商品のレビューも軒並み高く、品質にも信頼が置けそうです。

表側
裏側

オススメポイント4選

以下、このストラップのおすすめポイントを紹介します。

長所① 指1本でガッチリホールド

Kindleへの装着はとてもかんたんで、両側のツメを端末の上下に固定するだけで完了。

僕は6月のAmazonプライムデーで買ってから愛用している、KindleOasisにつけて使っています。

最初は指を4本内側にすべり込ませて使っていたのですが、ホールド力が強すぎて、30分くらいで指に痛みが出てきていました。

これだときつくて痛い…

ページ送りボタンも少し押しづらく、買ったのは失敗だったかなあと思いきや、使い方を間違えていたんですね…。

Amazonの商品ページに指を3本入れている写真がのっていたので引っ張られてしまいました。

バンドについたレザー部分に指を1本入れるだけ

これが、正しい使い方でした。


一番大事なホールド力は抜群なので、指1本入れるだけで端末を落とす心配はなくなりました。

指1本なら締めつけも感じないので、痛くなることもありません。

締めつけが弱すぎると、ストラップの役目を果たさず端末が滑り落ちてしまうので、絶妙な力加減につくられていると思います。

さらに、これはOasisユーザー限定ですが、手のほとんどが解放された状態になるので、右側のページ送りボタンも押しやすくなりました

上下にある電源ボタンと充電端子を避けるような構造になっているのも気が利いてます。

ストラップ装着時の電源部分
ストラップ装着時の充電端子部分

長所② 軽いので手が痛くならない

上で書いた通り、22グラムとかなり軽いです。
PaperwhiteもOasisも約180グラムなので、ストラップをつけたことで20グラム程度増えたところで、体感は変わりません。

あと、Kindleをずっと手でつかみながら読んでいると、腕が疲れてくることがありますよね?

このストラップは人差し指か中指1本で固定できるので、明らかに腕全体への負担が減るんですよね。

これは説明を受けるより、実際に使ってみたらすぐに実感できるはずです。

長所③ 端末を傷つけない

ホールド力が強いと、ツメの部分が端末を傷つけるのではないかと心配しましたが、ツメの部分には柔らかい素材が使われているため、取り越し苦労でした。

長所④ デザインがいい

デザインがシンプルでかっこいいです。
Kindleのもつスタイリッシュさを損ねることなく、むしろよくマッチしていると思っています。

ややがっかりポイント2点

一方で、ややがっかりな点も見受けられました。

短所①値段が少し高い

Amazon価格で1650円です。
これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれだと思います。

買うときには少し高いなあと感じていましたが、今やOasisの相棒と化しており、高いとは思いません

それに「Keepa」という、GoogleChromeの拡張機能で直近の値動きを確認したところ、6月までは1820円で販売されていたようなので、200円近く安くなっていますしね。

短所②上下のツメが少しズレやすい

さほど気にすることではないのですが、ツメ部分は柔らかい素材でできている分、固定している指を何度も動かすと少しズレることがあります。

ズレたところでそのまま読んでいても気にならないレベルですし、よほど神経質な方じゃなければ大丈夫でしょう。

おわりに

最後におすすめポイントをまとめておきます。

①指1本でガッチリホールド
②軽いので手が痛くならない
③端末を傷つけない
④デザインがいい

Kindleがツルツルすべったり、ずっとつかんでいると腕が疲れたりするという方はぜひ使ってみてくださいね~。

Kindleにストラップを装着して快適な読書ライフをともに過ごしましょう!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる