有名ブロガーたちがNFTに続々と参入するその理由とは?大流行してからでは遅い!今ならまだ間に合いますよ!

今週、NFTアーティストデビューした、なりタイです。

今回は、現時点ではNFTに全く興味がないという方(特にブロガーさん)に向けて、書きます。

興味がないんだから読むわけないだろ、と思ったそこのあなた。
ちょっと待ってください。

そんなあなたも、ブログ運営などで参考にしているであろう、有名ブロガーのマナブさんやクロネコ屋さんが、最近NFTというワードを連発しているのを見て、なんだか気にはなっているのではないでしょうか。

NFTについて、ここでは馴染みのない方でも理解しやすいよう、デジタルアートだと思ってもらえばけっこうです。

ではなぜ今、有名ブロガーたちがこぞって、一見ブログとはなんのつながりもないようにみえるデジタルアートに熱中しているのか?

この答えが見えてくると、NFTに全く興味がないという方も「早くNFT始めないと…!」ってなること間違いなしです。

今1枚700万円にまで高騰したビットコインを見て、「5年前の1枚数万円のときに1枚だけでも買っておけば…泣」と後悔するようなことはもうやめましょう。

今ならまだ全然間に合いますからね!

この記事はこんな人にオススメ!

✔ 人気ブロガーのマナブさんやクロネコ屋さんが、なぜ今NFTというよくわからん分野に参入しているのか気になる
✔ ブログを数年前からはじめておけばよかった、ビットコインがもっと安いときに買っておけばよかった、などと早くはじめなかったことを過去に何度も後悔している

目次

有名ブロガーが続々とNFTに参入する理由とは?

早速、結論。

先行者利益を手にするため

かなり、ざっくり言ってしまうとこの一言に尽きると思います。

理由について詳しく見ていく前に、まずは、NFTに参入している有名ブロガーさんを4人紹介します。

NFTに取り組むブロガー四天王

ブロガーなら誰もが知っているであろう、四天王ともいえる人気ブロガーさんたちについて、NFTへの取り組み方などを一人ずつ見ていきましょう。

①イケハヤさん(@IHayato)
②マナブさん(@manabubannai)
③クロネコ屋さん(@NINJAkusokuso)
④きぐちさん(@kasegu_master)

①イケハヤ(ikehaya-nft.eth)さん

もともとはブロガー出身ですが、今や、インフルエンサーとして、日本のNFT界を牽引されています。

Twitterのフォロワー数は、なんと32万人以上。

「CryptoNinja」シリーズ

NFTを積極的に購入されているだけでなく、自身がプロデュースする「CryptoNinja」シリーズを販売しています。
絵を描いているのは、イラストレーターのRii2/リツさん(@rii2_4で、マーケティングに秀でたイケハヤさんとのタッグで、国内屈指の人気シリーズになっています。

中には16ETH(=約800万円)で取引されているものもあります。すごいですね。

買っているNFT作品もすごくて、

世界トップクラスの人気を誇る「CryptoPunks(クリプトパンク)」シリーズの一つを約3200万円でお買い上げです。

このツイートを見たときは、まだなりタイもNFTについて知らなかったので、

なりタイ

このかんたんに作れそうなドット絵が3200万円??へ??

といった感じでした。
当時と比べたら、NFTについてかなり詳しくなったつもりですが、この額についてはいまだに完全には理解できてません笑

ただ、イケハヤさんがこれだけの額でこの絵を買った理由については、下で紹介するクロネコ屋さんが的確な分析をされています。

それがこの記事。

これこそ、考察記事という素晴らしい内容になっています。

②マナブ(manabu.nft)さん

過去には、ブログ運営に役立つ有益な情報をブログやYouTubeで紹介していたマナブさん。

今は活躍の舞台をTwitterやVoisyに移し、仮想通貨やNFTの情報を定期的に発信されています。

ほぼ更新はなくなりましたが、YouTubeの登録者数は55万人超え。
なりタイもブログをはじめた当初はかなりお世話になりました。

マナブさんも、イケハヤさん同様、「CryptoPunks」を約3900万円で購入しています。

③クロネコ屋(@NFT×ブログ×SNSマーケティング)さん

なりタイが今一番注目しているインフルエンサーさんです。
メルマガやnoteなどを読んで、日々、勉強させてもらっています。

クロネコ屋さんがNFTに参入したのは、なんと、、、2日前

自作の女の子のイラストを出品するや、0.02ETH(=1万円)で落札されました。

実はこの前日に、なりタイも自身の描いた絵をはじめて出品したのですが、0.005ETH(=200円)という最低価格にも関わらず、いまだ売れていません笑

影響力の違いを思い知らされました。
そもそも、絵のクオリティーも段違いなんですけどね笑

さらにすごいのが、売れてから2時間もたたないうちにNFTに初挑戦した感想などを書いた記事を投稿されているんです。
さすがにやっつけ仕事かと思いきや、これまたハイクオリティー。

脱帽でした。

その記事がこちら。

④きぐち(@17年目ブロガー)さん

17年ものブログ経験に基づく、ブログ運営ノウハウを発信しているきぐちさん。
この方のツイートや記事も非常に有益で、ブロガーならお世話になっている人は多いでしょう。

おすすめの副業として紹介されていますね。
これはクリエイター側の視点に立ったツイートですが、10月11日時点で約200万円分のNFTを保有していることも明かしています。

成功者は先行者利益に敏感

このままでは人気ブロガーの紹介記事で終わってしまいそうですが、本題はここからです。

ここまで読んで、有名ブロガーたちがNFTに多様な関わり方をしていることがわかったかと思います。

一方で、この4人の共通点はなんでしょう?

それは、ブログをメインに年収約1億円を達成した成功者であるという点です。

わかりやすいように額を出しましたが、ここで大事なのは1億円稼いだという事実ではなく、各々が試行錯誤の末に、ブログという分野で成功を収めたという事実です。

つまり、彼らは成功の法則を熟知しているということです。
4人全員がマーケティングの鬼といえるでしょう。

その4人が口を揃えて発するのが、「先行者利益」という言葉です。

NFTに関わる国内人口は、現在(21年11月6日時点)、1万人程度と言われています。
総人口の0.008%です。
めちゃくちゃ少ないですよね笑

にも関わらず、この4人全員がすでに参入しているわけです。
乗らない手はないと思いませんか?

4日に発表された流行語大賞に「NFT」がノミネートされました。
NFTの知名度は日に日に上がっており、ビッグウェーブはもうすぐそこまで来ています。

遅くとも今年中に参戦しておかないと、先行者利益を逃してしまう可能性が高いです。

1年ほど前に、仮想通貨も仲のいい友人何人かに勧めたことがあるのですが、誰もはじめませんでした。
もしそのとき、ビットコインを買っていれば倍以上になってますから、後悔していることはいうまでもありません。

みなさんは、できるだけ早く行動を起こしてくださいね!

最後に

最後に、ここまで読んで、NFTの世界に飛び込もうと考えているあなたに、1ヶ月先に飛び込び、沼にはまり込んだなりタイからアドバイスです。

そもそもNFTの先行者利益ってなんなの?

早いうちに投資して、のちに値が上がったところで売りぬく。
仮想通貨のイメージが強いと、こういうふうに勘違いしがちですが、実はNFTの先行者利益はもっと奥が深く、そこが面白いところなんです。

こちらの記事で詳しく説明しているので、NFTの奥深さを知りたい方は一度目を通してみてください。

なにからはじめたらいいのかわからない

とりあえずこの本を買って、ざっと読んでみてください。

分厚い本ですが、前から全部を読む必要はなく、どこをどう読めばいいのかはこの記事が参考になると思います。

最初にどのNFTを買えばいいのかわからない

最初からNFTを買うのはなかなかハードルが高いです。
まずは、Twitterなどで行われているGiveaway(エアドロップ、無料配布)企画に参加しましょう。
手数料などもかからず、完全に無料で気に入ったNFTをゲットできますよ!

この記事だけ読めば、全くの初心者でもNFTを手に入れるところまでいけます

絵に自信があるので、自作の絵をNFTにして売ってみたい

なりタイは絵には全く自信はありませんが、iPadで描いた自作の絵を1枚だけ出品しています。
こちらも完全に無料でできるので、記事を読んで一度挑戦してみてください。

上でも少し触れましたが、NFTは仮想通貨とは違い、日々の数字の動きを追う必要はありません。
気に入った作品を買う
これだけでいいんです。
とてもシンプルですよね。

なりタイのギャラリー

買った作品はこのように、仮想空間にある自身のギャラリーに飾ることもでき、見てるだけでわくわくします。
ここが仮想通貨の投資と決定的に違います。

その楽しさをより多くの方に知っていただきたく、今回は記事を書きました。

質問などあれば、いつでもTwitter(なりタイ@NFT×ブログ)のDMなどで聞いてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる