NFTの先行者利益(先行者優位)について、コレクターとクリエイター双方の視点から考えてみた

最近は暇さえあればNFTについて考えている、なりタイです。

仮想通貨やNFTをやっていると、「先行者利益(先行者優位)」という言葉をよく耳にしますよね。

仮想通貨の世界では、大口の投資家が参入して、価格が高騰する前の安い価格のうちに買っておくことを主に指すのだと思います。

5年前に1枚8万円で買ったビットコインが、今700万円まで上がっているとか、そういうやつですね。
先行して投資していたからこそ、莫大な利益をあげられた、という話です。

では、NFTはどうでしょうか?
仮想通貨は投資家の立場からだけ見ればよかったですが、NFTはクリエイターかコレクターかという立場によって、先行者利益の中身は大きく異なります

このクリエイターとコレクターの先行者利益について具体的に考えるというのが、今回の記事のテーマです。

クリエイターとコレクター双方に役立つ内容になるよう、できるだけ細かく分析していきます!

この記事はこんな人にオススメ!

✔ NFTのクリエイターとコレクターの先行者利益について知りたい

目次

先行者利益とは?

そもそも先行者利益ってなんでしょう?

先行者利益は、「先発優位」とも呼ばれ、新たな市場にいち早く参入したり、新製品をいち早く導入したりすることにより得られるメリット(利得)をいいます。

金融情報サイトの「金融経済用語集」より

字面どおりの意味ですね。
似たような言葉で、「ブルーオーシャン」という言葉もビジネスではよく使われます。

なりタイのような弱小勢力が、なんらかの市場で大きな利益を上げるには、大物や大手が参入して市場を席捲する前に、この先行者利益を狙うしかありません。

もし、大手に先行者利益を取られた日には潔くあきらめ、別の市場を探すことになります。

クリエイターの先行者利益

さて、ここで本題。
NFTのクリエイターの先行者利益について、考えていきます。

なりタイが考えたのは以下の4点。

①競合が少ないうちにファンを獲得できる
②ファン(固定客)がつくと作品が高値でよく売れる
③初期は作品の評価が定まっておらず、本来の価値よりも高値で売れる可能性がある
④市場でのポジションを確立

①競合が少ないうちにファンを獲得できる

競合の少なさ。

これはどの分野においても、間違いなく先行者の特権です。
競合がひしめきあっていると、それだけファンの獲得は難しくなります。

もし、このあと市場が拡大しても古株のファンとは結び付きが強くなっているため、新規のクリエイターに一挙に流れる心配もありません。

②ファン(固定客)がつくと作品が高値でよく売れる

ファンがいるということは、常に作品のリリースを待ち望んでいる人がいるということです。

新作を待つ人が多ければ多いほど、作品は安定して、しかも高値で売れますね

③初期は作品の評価が定まらず、本来の価値よりも高値で売れる可能性がある

物の価値というのは、市場が成熟すればするほど、固まっていくものです。

市場の黎明期には評価がなかなか定まらず、本来の価値よりも低い値で取引されることがある一方、はるかに高い額で売れる可能性も秘めています。

今、100万円で売れているNFTが、3年後には1000円の価値しかないという事態も起こり得るわけです。

④市場でのポジションを確立

競合が少ないうちに、NFTクリエイターとしての地位を確立することができれば、後から参入するクリエイターよりも圧倒的に有利な土俵で勝負することができます。

NFTといえばこの人!というレベルまでいけば、揺るぎない存在感を保つことができますね。

大物の漫画家やイラストレーターの参入の影響は?

先日、「ポケモンカード」の公認イラストレーター・さいとうなおきさんの初NFT作品に600万円をこえる値がつき、大きな話題を呼びました。

ただ、人気アーティストの参入は、ほとんどのクリエイターさんに直接的な影響は出ないと見ています。

なぜなら、大物の作品にはかなりの高値がつくと予想され、そのような作品を買う資金力のあるコレクターはごく一部に限られるからです。

一方で、大物の参入はNFT市場の拡大につながる可能性は大いにあります

NFTの知名度が上がることで、参入するクリエイターが増え、それにともない、買い手も増えることでしょう。

実際、さいとうさんを見て、NFTに興味を持ったという声が、Twitterなどで散見されます。

コレクターの先行者利益

なりタイ自身は今のところ、完全にコレクター側の人間です。

投資家を名乗るのはおこがましく、資金力からいうと、下の下、ドラゴンボールでたとえるとヤムチャといったところでしょうか。

ドラゴンボール オフィシャルサイトより

そんなヤムチャも最序盤に登場したおかげで、実力派としてならした時期があったわけです。
もし、魔人ブウ編で初登場となっていたら、一般市民の一人といった程度の扱いだったのではないでしょうか?

これも先行者利益といえますよね。

なりタイもヤムチャ同様、先行者利益をがっちりつかんでいると確信しています。

話が少しそれましたが、コレクター側の先行者利益についても考えてみましょう。

①ハイクオリティーな作品が安く買える
②お気に入りのクリエイターさんとつながれる

①ハイクオリティーな作品が安値で買える

Twitterを見ていると、NFTデビューしたばかりのクリエイターさんの、目を疑うほどハイクオリティーな作品に出会うことがあります。

宝物を発掘したかのような高揚感に包まれます。

すぐに取引サイト「OpenSea」の作品ページに飛ぶと、これがまた信じられないほど安い価格で売られているんです。

まだ買い手がついていないこともざらにあります。

贋作かどうかの確認は入念にしたうえで、これまでに何枚か購入したことがあります。

そのうちの1枚がこちらです。

SUKIYAKI BOYさんの「CryptoMonsterscolor#003」

SUKIYAKI BOYさんのカラー作品で、お値段なんと0.01ETH(約4000円)。

このレベルの絵がたった4000円とはあまりにも安い。

SUKIYAKI BOYさんはその後も価格設定を大きくは変えず、毎日新作を出品されているのですが、発売した瞬間に売れてしまう人気クリエイターになり、今ではなかなか買うことができません

そりゃそうです。安すぎますもん。

短期間のうちに一気に人気が出る例はそれほど多くはないように感じますが、長期で見ると、人気クリエイターの卵は今もたくさん存在していると思います。

たとえば、NFTを積極的に購入されている関口メンディーさんに作品を買ってもらったクリエイターさんが、一気に注目を浴びるようなこともあります。

そうなるとほかの作品の需要も高まり、価格も一気に上がるでしょう。

国内の著名人のほとんどがまだ、NFTの世界には参入していません。

今後、参入が加速し、購入量が増えれば、一躍人気クリエイターの仲間入りをする、というケースが多くみられるのではないでしょうか。

②お気に入りのクリエイターさんとつながれる

売れっ子になる前からTwitterなどを通じて交流することで、将来、人気が出るクリエイターさんとつながりができるかもしれません。

なりタイは、作品の価値が高騰することよりも圧倒的にこちらの恩恵のほうが大きいと考えています。

だって、我々のような一般人が人気アーティストと個人的につながれるチャンスなんて日常生活では皆無ですから。

実は、先ほど登場した、SUKIYAKI BOYさんとは、TwitterのリプライやDMなどでたまにやり取りをさせていただいています。

SUKIYAKI BOYさん

ヤムチャのような男とでも付き合ってくださるのは、本当にありがたいことです。

でも、正直、自分にとっては、その人が人気になるかどうかってそれほど重要ではないんですよね(※SUKIYAKI BOYさんはすでに超人気者なので、誤解なきよう)。

なぜなら、クリエイターさんって自分の考えや感性を持っている方が多くて、交流していると楽しいし、勉強にもなるので、それだけで大きな財産なんですよ。

人気があるかどうかは関係ありません。

昔から絵が下手で、アーティスティックな才能のかけらもない自分にとっては、すべてのクリエイターさんが憧れの的でもあります。

おわりに

ここまでいろいろと考察してきましたが、最も伝えたいのは、

なりタイ

利益が出なくても、楽しめればそれでええやん

ということなんです。

なりタイはあくまでコレクターの視点からしか言えませんが、仮に今買っているNFT作品がのちに無価値になったとしても(そんなことはありえませんが)、一片の悔いもありません。

お気に入りの作品を保有し、見ていると、楽しくなって元気が湧いてきます。

買い手の視点で絵を注意深く見るようになったことで、現代アートの魅力に気づくことができました
お気に入りのアーティストも何人かできましたよ。

後悔などするはずがありませんよね。

みなさんも気に入った作品があればどんどん買って、一緒に日本のNFT界を盛り上げましょう!

コインチェック

👆の無料口座開設はこちらから

GMOコイン

👆の無料口座開設はこちらから

なりタイが使っている国内の仮想通貨取引所はこの2つ!
NFTの購入には、まず、取引所で仮想通貨「イーサリアム」を買う必要があります。

5分程度で終わるので、同時にサクッと、開設しておきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる