DAO運営者の視点から、Ninja DAO(ニンジャ ダオ)のすごさを分析してみた

こんにちは、「Pixel Heroes DAO」を運営するコアメンバーの一人、なりタイです。

CryptoNinja(クリプトニンジャ)の「Ninja DAO」がすごいすごいと言われますけど、みなさんはどこがすごいと思いますか?

DAOの運営、ひいてはコレクションの価値の維持・向上って、どこも手探り状態で、本当に難しいんですよね。

これは、運営側に立ったことがなければわからない点も多々あると思います。

今回は、Pixel Heroes(ピクセルヒーローズ)のDAOを運営する一人でもある、なりタイが、Ninja DAOのなにがすごいのかを分析し、今後の運営に役立てるためのヒントをつかむのが狙いです。

NFTコミュニティはどんどん増えてますが、だれもが日々、運営の難しさに頭を抱えているはず。

名実ともに日本一のDAOであるNinja DAOから盗めるところは、どんどん盗んでしまいましょう!笑

この記事でわかること!

✅ Ninja DAOはなにがすごいのか?
✅ Ninja DAOからなにを学び、自身の運営するDAOにどう活かせばよいのか?

目次

Ninja DAOとは?

公式サイトより

NFTを触ってて知らない人なんていないと思いますが、念のため。

Ninja DAOは、イケハヤさんリツさんの展開するNFTコレクション「CryptoNinja」のコミュニティです。

ニンジャたちの隠れ里ですね。

まだ参加したことがない方は、まずは下のリンクからのぞいてみてください。あまりの活気に圧倒されること間違いなしです。

Ninja DAOはなにがすごいのか?

ただ、すごいすごいと言ってるだけではなにも学びがないので、具体的にどこがすごいのか?を分析し、なりタイが参加するPixel Heroes DAOなど、ほかのコミュニティでも、取り入れることのできる点がないか検討してみます。

Ninja DAOのすごいところ!

① アクティブユーザーの多さ
② メンバーが自律して活動
③ スペシャリストが結集
④ イケハヤさんという最強マーケターの存在
⑤ 豊富なイベント

⑥ 無報酬で活動するメンバーたち

① アクティブユーザーの多さ

DAOで最も重要なのが、このアクティブユーザーの多さです。

それも当然で、ふと、Discordをのぞいたときに、最後の会話が2日前…とかだったら、参加する気も失せてしまいますよね。

この点、Ninja DAOは最強です。

どの時間、どのチャンネルを見ても、リアルタイムで会話が繰り広げられています。

コミュニティ参加者の総数が多いのはもちろんですが、イケハヤさんを筆頭に常駐メンバーも多く、参加者の活動時間がバラけているのも強みだと思います。

この点、Pixel Heroes DAOはサラリーマンが多く、平日の日中に活動できるメンバーが限定されてしまっているのが現状です。

現状を打破するには、ニューカマーの存在が不可欠

会社員みんながDAOのために、勤めてる会社をやめるなんて無理ですもんね笑。

どうしたら、平日の日中に活動できる人材を確保できるのか、検討する必要がありそうです。ここは、不可能ではないでしょう。

とにかく、常に動きがあることが、DAO運営においては非常に重要なポイントです。

シンプルですが、Ninja DAOの大きな強みになっていることは間違いないでしょう。

② メンバーが自律して活動

Discordコミュニティは数あれど、そもそも国内で本当の意味でDAOといえる存在はほとんどありません

各々のメンバーが自律的に、Crypto Ninjaのファンアートコレクションを立ち上げたり、clusterを舞台にしたイベントを企画したりと、Ninja DAOは限りなくDAOに近い存在になっています。

ここは、Pixel Heroes DAOも誇れるところです。

明確な代表は存在せず、メンバー個々がアイデアを出しながら、運営しています。

課題は、アイデア出しをするメンバーが限られ、固定化されている点。

意見出しをする人が増えれば、さらにいい方向に進んでいくでしょう。どうやって増やすかを考えるのがまた難しいのですが笑。

③ スペシャリストが結集

Ninja DAOは人数が多いだけでなく、各界のスペシャリストが集結しています。

音楽から動画、漫画、アバター、ボクセル、エンジニア、マーケター、ライターなどなど。

おそらく、NFTに求められるすべての才能が結集しています。

まさに、銀河系軍団…!(サッカーわからない人はすみません)

困りごとやわからないことが出てきても、質問したらすぐに良質な答えが返ってきます笑。

これはわかりやすい強みですよね。

④ イケハヤさんという最強マーケターの存在

本人のTwitterより

もうね。これははっきり言ってチートです笑。

Twitterフォロワー34万人超のインフルエンサーであり、マーケティングのプロ、イケハヤさんがDAOに常に生息しているわけですから。

実は、Pixel Heroes DAOもイケハヤさんにはすごくお世話になった過去があります。

5555体がリリースされた、Pixel Heroes Xがなかなか売れずに悩んでいたとき、「イケハヤ砲」が炸裂し、あっというまに完売まで笑。

詳しい経緯はこちらの記事をどうぞ👇

これだけの影響力を持つ人が常に動いているコミュニティ。

それが、Ninja DAOです。

これ以上の説明は不要でしょう。

イケハヤさん自身が指摘されているとおり、このマーケティングこそが、Pixel Heroes DAOの一番の弱みであり、目下、一番の課題です。

マーケティングの難しさを肌で感じているだけに、イケハヤさんのすごさが本当によくわかります。

Pixel Heroesにもどこかから、ひょっこり天才マーケターが湧いて出てこないかな…。他力本願ではだめですね笑。

ちなみに、Pixel Heroesについて、イケハヤさんにインタビューした記事はこちら👇

⑤ 豊富なイベント

メンバーが、ユニークなイベントをガンガン打ち出しているのも、DAOの盛り上がりに一役買っています。

代表的なのは、clusterなどのメタバース空間で開かれる、NINJAメタバライブですね。

三木道三さんのようなプロアーティストも参加するなど、国内最大級のメタバースイベントに成長しました。

メタバース空間ではほかにも、節分の豆まき企画落語イベントなどが実施されてきました。

これももちろん、各メンバーが自律的に動いているんですよね。

すごすぎる…。

以下、なりタイ自身がイベントに参加した際に撮影した写真たち。

しんいちろう先生のブログ講座
NINJAメタバライブ
落語選手権

⑥ 無報酬で活動するメンバーたち

以上のように、Ninja DAOのメンバーは、DAOのために多方面で活動されていますが、ほとんどが無報酬のはずです。

ここは、Pixel Heroes DAOも同じなんですよね。

なぜ、報酬という大きなインセンティブがないにもかかわらず、これだけ多くの人たちが活動してるのか?

それは、面白くて楽しいからです。

あほみたいですが、これが答えです。

楽しければインセンティブなんて必要ないんですよね。

心の底からコミュニティを愛し、楽しんでいるメンバーが多くいるDAOは間違いなく強い。

最近、コミュニティが増え、いろいろと参加しているのですが、コレクションの雲行きがあやしくなった途端、スッと姿を消す人が一定数います。

NFTは投資目的で購入している人が多いわけですからこれも当然。

そんな状況になっても動じず、活動を続けるメンバーがどれだけいるか?

今後、コミュニティがさらに乱立していくと、この指標はますます重要性を増していくでしょう。

この点、Ninja DAOが強いのはいうまでもないですし、Pixel Heroes DAOも誇れる部分です。

ジェネラティブコレクションのリリース間近‼

omochiさん作成

Ninja DAOの「ジェネラティ部」というチャンネル発の、ジェネラティブコレクション「CryptoNinja Partners(CNP)」リリースが1ヶ月後に迫っています。

もう、このワクワク動画もおなじみになりましたね。

もちろん、公式サイト👇もあります。

そして、これがイケハヤさんの紹介記事👇

ジェネラティブNFTはミントするのがほんとに楽しいんですよね。

今からリリースが楽しみです!

その1週間後には、Pixel Heroesから、Crypto Ninjaとのコラボコレクションのリリースも控えます。

5月はETHがなくて買えないなんて事態にならないよう、しっかり事前に資金を確保しておかないとですね…。

おわりに

イケハヤさんのようなマーケターがDAOに常駐したり、メタバース空間で大規模イベントを開いたりするのは、なかなかほかのコミュニティでは現実的ではありませんが、参考にして取り入れられる部分も多くあることがみえてきました。

やはり、DAOの運営者はNinja DAOを研究するのが、一番の近道だと再認識しましたね。

まだまだ研究がたりませんので、引き続き、隠れ里への潜入調査を続けたいと思います。

Ninja DAOのみなさん、見かけた際はぜひお声掛けください。

CNPのリリースが楽しみだ~‼

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる