【NFT】1000体が1日強で完売した「Pixel Heroes(ピクセルヒーローズ)」シリーズが近々パワーアップして帰ってくる!?

どうも、なりタイです。

これまでに何度かこのブログでも取り上げた、日本初のコレクティブNFT「Pixel Heroes」をみなさんはご存知でしょうか?

NFTユーザーなら、

RPG Avatar #1

こんなアイコンや、

X hero #1

こんなアイコンを、Twitterで一度は見かけたことがあると思います。

第1弾の限定1000体が1日強で完売した一方、その1週間後にリリースされた、第2弾「Pixel Heroes X」は5555体のうち、半分近くが今も販売中です。

この記事を書いた10日後に完売しました笑。

完売までの経緯はこちらにまとめていますが、まずは本記事をお読みください!

NFT後進国の日本で、5555という数を売り切るのは難しく、運営の2人は早々に諦め、別のNFTプロジェクトに移行。

そのまま、このプロジェクトは静かに終わりを迎えようとしてました。

そこで立ち上がったのが、これまで熱心に「Pixel Heroes」のことを考えてきたホルダーたちでした。

運営の2人には、数百万円の売上がわたりましたが、プロジェクトに期待してNFTを買ったホルダーたちの中には裏切られた気持ちになった人も多くいたんです。

で、その後、どうなったのか?

結論からいうと、プロジェクト全体が「Pixel Heroes」のホルダーたちでつくる「DAO」というコミュニティー(コミュニケーションツール「Discord」内)に譲渡されたんです。

旧運営陣の時代にも、DAOはありましたが、正直、名ばかりで、ほぼすべての方針を運営2人だけで決めていました。

生まれ変わったDAOは、メンバーそれぞれが意見を出し合い、保有するNFTによる投票で今後の方向性が決まっていきます

近々、新しいロードマップの発表が予想されることから、今回は「Pixel Heroes」を巡るこれまでの経緯と、なりタイが今後の展開に期待する理由をまとめます

DAOへの参加はこちらから。

この記事はこんな人にオススメ!

✔ 以前、「Pixel Heroes」を買ったけど、今どうなってるの?
✔ 「Pixel Heroes」の運営が変わったみたいだけど、それでいったい何が変わるの?

\ 絶賛2次流通中! /

目次

「Pixel Heroes X」の行き詰まり

前述のとおり、「Pixel Heroes」の滑り出しは最高でした。

国内初のジェネレイティブNFTという触れ込みで、Twitterなどでも拡散され、1000体ものNFTが1日強で売り切れました。

NFT後進国の日本では、異例の事態です。

当時の熱狂ぶりについては、こちらの記事で詳しく書いています。

完売から約1週間後、第2弾として5555体に発行数を増やした「Pixel Heroes X」がリリースされました。

第1弾の売れ行きも影響し、こちらも発売開始からすさまじいペースで、売れていきました。

第1弾よりもさらに早い段階で、1000体を突破したのを覚えています。

こちらも記事にしていますので、まだの方は読んでいただいたほうが、この先の内容の理解が進むと思います。

ただ、「X」については、残念ながら、失速してしまいました。

ここで、全5555体の完売に、なぜ、たどり着けなかったのか?

理由を考えてみます。

無策の旧運営陣

なりタイが考える理由は大きく2つ

①国内の圧倒的コレクター不足
②買って終わりになってしまった

詳しくみていきます。

①国内の圧倒的コレクター不足

正確には不明ですが、日本のNFT人口はまだ約1万人程度といわれています。

そんな市場で、5555体のNFTを販売するって、なかなか無謀な挑戦に思えますよね笑

1人1体買ったとしても、2人に1人以上が買わないといけない計算になりますから。

国内の市場が遅れている中、国内発のNFTプロジェクトを爆発的に伸ばすには、海外コレクターをいかに取り組むが大事ですが、これが非常に難しい。

成功している例は現状、「ない」といっても過言ではありません。

国内のNFT人口が10万人くらいに増えれば、状況は大きく変わりますが、新しいプロジェクトがどんどん増えている中、待っている余裕はありませんね。

②買って終わりになってしまった

2つ目の理由を考える前に、「Pixel Heroes」シリーズの魅力を紹介します。

・ドット絵のイラストが秀逸
・アイコンに最適
・ガチャガチャのワクワク感
・レアヒーローが出た時の喜び
・ホルダー同士のつながりが生まれる

ざっと挙げただけでも、これくらい。

だって、第1弾と2弾合わせて、計4000体がSOLD OUTですよ。

話題性だけでは、ここまで売れません。

作品自体のポテンシャルは、間違いないわけです。

こんなに売れてるコレクション、日本にほとんどありませんからね。

では、どうすればこのシリーズがより盛り上がり、「X」を完売に導けるのでしょうか?

残念ながら、旧運営陣の2人は、この問題に正面から向き合うことを放棄し、新プロジェクトに旅立っていきました。

最後まで、DAOのコミュニティメンバーに相談することもないままに…。

DAOとは名ばかりだったとは、こういうことです。

コレクションのDAOへの譲渡

運営陣の事実上の撤退により、プロジェクトが風前の灯火になっていたときに、立ち上がったのが、DAOに所属するホルダーたちでした。

あれよあれよと、「Pixel Heroes」プロジェクト全体の、DAOへの完全譲渡が決まりました

DAOへの譲渡という点が重要です。

個人が譲渡を受けたわけではありません。

そしてなんと、500人以上いるDAOのメンバーの中には、各分野の精鋭たちが含まれていたんです。

各分野というのは、たとえば、、、

・クリプト分野の専門家(ブロックチェーン技術やコントラクトなどについての専門性が高い)
・「Pixel Heroes」シリーズのほぼ全キャラをデザインしたデザイナー
・二次創作で人気を集めるアバターの製作者やドット絵師
・NFT界の重鎮たちに人脈のあるコレクター
・英語が堪能な海外コレクターとの橋渡し役

などなど。

ほんとにすごい才能が集まったなと、感動すら覚えます。

メンバーの詳細については、コレクションの価値を判断するうえで、非常に重要な要素なので、後日、改めて別記事で書きますので、もう少々お待ちください。

※こちらが後日、書いた記事です。

これまで、学生あがりの2人だけで運営していたのが、プロジェクトの完全譲渡を機に、運営主体が一気に各分野のプロ集団に変貌しました。

運営主体と書きましたが、新生「Pixel Heroes」プロジェクトでは、中央集権の体制はとっていません。

ホルダー間で議論し、意見が割れたときは投票をして、方針を決めていくことがすでに決まっています。

これが、DAO本来の姿ですね。

新体制でコレクションはどう変わる?

迷える子羊

結局、今後、Pixel Heroesはどうなっていくの?

みなさんが一番気になるのはこの点ですよね。

結論としては、「X」が不調な最大の理由「買って終わりになってしまった」という部分に大きなテコ入れを図ります

テコ入れ策としては、現在、「エンジニア部」が中心になって開発中のゲームプロジェクトや、第1弾、第2弾のヒーローを保有している人だけが与えられる、限定NFTの制作などが聞こえてきます。

なんと、開発中の画像を1体入手しましたので、ここでご紹介します!

ヴィランズ

どうやら、「ヴィランズ」と呼ばれる生き物のようです。

新しいヒーローなのか?それとも、また別のなにものなのか?

今後、正体が明かされる日が来るのでしょうか!?

今後の動向に目が離せませんね。

詳しくは、近く発表されるであろうロードマップを待ちましょう。

おわりに

「Pixel Heroes」は死んでません。むしろ、これから始まるプロジェクトです。

そのことを伝えたくて、この記事を書きました。

運営に見捨てられ、失望したホルダーの方はたくさんいたでしょうし、最近になってこのコレクションを知ったという方もいるでしょう。

さあ、みなさん。いよいよ、新章の幕開けです。

第1弾の「#1」のホルダーでもあるなりタイも、今後の展開にワクワクしています。

今後いろいろと具体的な動きが出てくるたびに、記事にしてみなさんにわかりやすくお届けします。

それではまた近くお会いしましょう!

\ 絶賛2次流通中! /

第1弾、第2弾の復習は、こちらの記事をどうぞ!

そして、完売までのミラクルの連続をまとめたのがこちら。

DAOへの参加はここから。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる